【風俗】部屋に入ってきてから最後まで楽しむ

"デリヘルでのプレイが終わったらうだうだしていても仕方がありません。
最後は女性とのプレイを思い出しつつ、軽くイチャイチャしながら別れを楽しむようにしましょう。
男なら一度は利用したことがあったり、また興味を持っている人が多い「風俗」。
「風俗」を利用することで、日頃の性欲を一発解消することが出来るので童貞君でも嬉しいサービスですね。
デリヘル嬢の中にはお客さんに満足してもらいたいということだけを考えていて、うっかりと忘れモノをしてしまうことがあります。
退室をする時には『何か忘れ物は無い?』などと一声かけてあげると良いでしょう。
プレイ後に貴方が『またお願いしたいな』と伝えることで、きっと女性も喜んでくれることでしょう。
なので最後はお互い気持ちよく『またね』が言えるような状況で別れましょう。"





町田 デリヘル
URL:http://www.cup-foodle-group.jp/
町田 デリヘルのことなら


【風俗】部屋に入ってきてから最後まで楽しむブログ:17年05月14日

みなさんは、子どもの頃
何になりたかったですか?

おれは、物心ついたときから電車が大好きでした。
だから、一番最初になりたかったのは電車の運転手です。

当時、私鉄の沿線に住んでいたので、
おれは、電車を見るのも乗るのも大好きでした。

電車の運転手さんの後ろに立って、
まるで自分が電車を運転しているような気になって…
それだけで幸せでした。

ターミナル駅から出発したり、到着したりする電車を
24時間中眺めては、
父親やお母さんを困らせていたようです。

でも、本当にそれだけで幸せだったんですね。

次になりたかったのは、プロ野球選手でした。
もともとトレーニングが好きだったおれは、
兄のグローブを使って一人でボール遊びをしていました。

しかし、兄のグローブなので、
兄の眼を盗んでグローブを使っているおれを見るに見かねて、
父親がおれの誕生日にグローブを買ってくれました。

本当にうれしくって、大事に使ってました。

近所の友人たちと日々のように
キャッチボールや野球をして遊んでいました。
本当に、日が暮れてボールが見えなくなるまで野球をしていました。

それでも、飽きるどころか夜行性の虫のように、
おれ達は電灯の明かりに群がってボールを投げていました。

プロ野球選手の真似ごとをしては、
その選手になりきっていました…それだけで、本当に幸せでした。

野球が好きだから、いろんなことを試したくなります。
野球のいろんなことに、興味が出てきます。

失敗すると、なぜ失敗したかを考える…
おれはそれくらいのめり込んでいました。

考えてみれば子どもの頃って、
できないことなんて、何もないと思っていましたし、
なれないものなんて、何もないと信じていたんですよね。


ホーム サイトマップ