【風俗】女の子に攻められるのも悪くない

"M性感では一般的には男性のみが全裸となってプレイが進められていくこととなります。
女性からちょっとしたイジメ行為を受けることとなり、女性は脱衣しませんが、中にはヘルスと同様のサービスを提供しているM性感もあります。
大人の男でしたら、一度くらいは何かしらの「風俗」を利用されたことがあるでしょう。
男にとって欠かすことの出来ない「風俗」は、ここ最近になって非常に需要が多くなってきているのです。
最初にM性感というのがどんなサービスなのかを店舗に確認しておくようにしましょう。
M性感と言っておいて、実はSM倶楽部並の激しいサービスのM性感もあるのでお気をつけ下さい。
M性感ではSM倶楽部のように激しいイジメをするようなサービスはありません。
つまりソフトなM男君向けの風俗なので、Sの男性にとりましては、少々不快になることがありますので注意が必要です。"



【風俗】女の子に攻められるのも悪くないブログ:17年05月22日

お母さんの身体というのは、
赤ちゃんを産んでから3年間は
母性ホルモンが大量に分泌されるので、
この間は赤ちゃんを育てることを第一に置かねばならない。

3年間も育児をやっていれば、
育児の仕方はなんとなくわかってくるし、
それに母性ホルモンが大量に分泌されることで
自分の体型をお母さん体型に変えられるので、
体力的に無理なく育児をし続けることができるようになる。

しかし
息子がいては仕事ができなくなるというのも事実である。

本来ならこの時期、育児に専念した方がいいのだから、
もしも仕事をするなら、自宅で仕事をするとか、
自分のお母さんか夫のお母さんに
息子を預けて仕事をするしかない。

でも、自宅で仕事ができず、
自宅の周りに自分のお母さんや夫のお母さんがいないなら、
保育園に預けるしかないのである。

保育園というのは、
あくまでもお母さんの都合によって生まれたものであり、
必要悪の存在だと言える。

経済的に余裕があるのなら、
保育園などには息子を預けない。

保育園に息子を預けねば仕事ができず、
仕事をしなければ生活が成り立たないからこそ、
お母さんの方も未練たらたらで息子を預けるのだ。

保育園というのは幼稚園とは決定的に違い、
保育園は大きくあるべきではなく、小さくあるべきなのである。

息子は3歳まで、
小さな世界で育てるからこそ、脳が健全に育って行くのであって、
余りにも大きすぎる場所で育ててしまうと、
脳が健全に育たなくなってしまう。

だからこそ保育園は小さな組織であるべきなのであって、
保育士たちは常時、息子たちに目を届かせなばならないのだ。


ホーム サイトマップ